栄養成分

  1. EPA / DHA

    オメガ3系多価不飽和脂肪酸(オメガ3系脂肪酸)エイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)は海水魚の魚油に多く含まれる脂肪酸である。植物性プランクトンや単細胞藻類にも含まれる。

  2. 抗酸化成分

    ビタミンE、ビタミンC、タウリン、およびカロテノイド色素などの抗酸化成分を摂取することは、活性酸素の消去を担う生体の抗酸化機能の維持にとって有効である。

  3. 脂肪酸(脂肪)

    脂肪は炭水化物やタンパク質と比べ約2.5倍も高いエネルギーを含み、効率的にエネルギーを供給する成分です。その他にも細胞膜の構成成分になるなど、体内で様々な働きをします。

  4. ミネラル

    ミネラルとは体を構成する元素のうち、酸素・窒素・炭素・水素を除いた全てのものをいいます。ミネラルにはたくさんの種類がありますが、それぞれに異なる働きをしています。

  5. 食物繊維(炭水化物)

    食物繊維は動物が消化できない炭水化物です。体内で直接栄養にはなりませんが、フードのカロリーを抑えることに役立ち、また、整腸作用を持ちます。食物繊維には様々な種類があるため、その整腸作用のメカニズムや働きも様々です。

  6. ビタミン

    ビタミンはごく微量の摂取で、体内の物質代謝を円滑にするために必要な成分の総称です。現在発見されているビタミンは20種類以上あり、脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンに分けられます。

栄養成分情報

  1. 2015.12.11

    Hello world!

CATEGORIES

最近のコメント

話題の栄養成分

  1. EPA / DHA
  2. 食物繊維(炭水化物)
  3. ミネラル
  4. 抗酸化成分
  5. 脂肪酸(脂肪)
  6. アミノ酸(タンパク質)
ページ上部へ戻る